Re Garden リガーデン
Re Garden
前へリガーデンメニューへ次へ
千種区 M様邸 庭園改修工事
和風と洋風の庭園が自然に溶け込み維持管理が容易で素敵な庭園へ改修工事

除草や剪定の手間が軽減されるお庭に改修したいというお施主様のご要望で、全体的に防草シートと砂利敷きを施し、手間のかからないタマリュウ等の地被類を主に植栽した庭園に改修しました。既存の庭園にあった和風の庭園とパーゴラのある洋風の庭園をつなぐ乱形石張りの園路を設けることで、和風と洋風の庭を自然な雰囲気でつなぎました。

千種区 M様邸 庭園改修工事

全体的に防草シートと砂利敷きを施工しました。 低木部分は管理の容易なタマリュウに変更しました。中央部に菜園スペースを新設しました。新しい園路が芝生の見切り材を兼ねています。高木はバランスを整える為に移植して再配置しました。

千種区 M様邸 庭園改修工事
< Befor / After

雑草が砂利や低木の隙間から生えてきたりしています。 庭園の面積が広いため、除草にも大変な労力がかかります。

千種区 M様邸 庭園改修工事

園路を設けることで、芝生の面積を減らし、高木も全体的に間引いて緑のボリュームを減らしました。 既存花壇は撤去し更地になりました。園路をつくるために木を移植して再配置しました

千種区 M様邸 庭園改修工事
< Befor / After

高木と芝生の緑のボリュームが多いので、維持管理には手間がかかります。 左側の既存菜園箇所には新しく建物が立つ予定です。

千種区 M様邸 庭園改修工事

和風の枯山水の流れからつながるように曲線のイメージで全体を再構成しました。飛石脇には石柱の照明も移設しました。

千種区 M様邸 庭園改修工事

低木が地被類に変わり石の表情が栄えます。一番奥のモチノキを移植したことで風景に重厚感と風格が出ました。

千種区 M様邸 庭園改修工事

既存パーゴラへは、新しい園路が樹冠のトンネルを抜けるようにつながります。園路脇には宿根草が彩ります。

維持管理だけを考えて徹底して庭園をつくると、砂利敷きだけなどの無機的な空間になってしまうので、いかに既存庭園の良さを活かした改修ができるかということが庭園改修の課題として求められました。既存の樹木や石を再配置するにあたって、良い素材をしっかり見せて活かすことで、既存庭園と新しく追加された要素がうまく融合できたのではないかと思います。新しくできた庭園が生活に彩りを与えることができればと願っています。

前へリガーデンメニューへ次へ
UP