Special Contents スペシャルコンテンツ
Piens CSR Activity
企業との協働による森づくり『岐阜造園・水土保全の森みたけ』

協定期間:
活動状況:



対象面積:
理念     :

平成21年3月21日から5ヵ年間
平成21年3月 岐阜県、御嵩町と協定を結び、そこから月1回の活動が始まった。
平成21年10月 キックオフ行事として「植樹祭」を実施。地元住民含め200人で1000本の植樹を行った。
平成23年5月 「 里山再生復活際 in みたけ」を開催。120名の参加者でなめこ菌打ちを行った。
平成23年12月 水土里隊さんの協力で山小屋完成
14.66ヘクタール 森林内には、アカマツ・広葉樹混交林、ヒノキ人工林、沼、湿地などがある。
~健全な森を次世代に引き継ぐために~
村落近郊にあって、かつては薪やキノコの採取、田や畑への堆肥のもとになる落葉の採取など、山村の生活とは切っても切れない関係にあった里山林。 現在では生活様式の変化から人々の関心は薄れ、間伐などの管理が放棄されている。このままでは、日照不足による地表植物の衰退につながり、やがては激しい降雨による土砂流出や生物種の減少など様々な不都合を招く。この様な里山を健全な森林へと導くために少しでも社会に貢献できるよう、「企業との協働による森林づくり」を行う。

H21年10月 設置した看板H21年10月 植樹祭第27回 H21年10月 地方の方にキノコの種類を教えてもらう第38回 H23年10月 ヘクタール当り900~1000本に調整している
第40回 H23年12月 山小屋第44回 H24年5月 間引きした木を原木にしてきのこ栽培に利用第48回 H24年11月 ヤマザクラ丸太になめこが生えてきた第48回 H24年11月 ホオノキ丸太にはヒラタケが生えてきた
第52回 H25年4月 人により丸太の運搬第52回 H25年4月 薪づくり第53回 H25年5月 森づくり便り第55回 H25年10月 ヒノキ林に入りスケッチした
「森林づくりプロジェクト」の協定式が2009年3月23日に岐阜県庁で行われました。これより5ヵ年間をかけて約15ヘクタールの御嵩町有林を健全な森林に整備します。整備に要する費用・労力・ノウハウは当社が全て負担します。
もともと里山は、日本の伝統的な農村の暮らしを支えてきた、人の手が入ることによって出来た自然です。薪や炭の材料を採り、肥料にする落ち葉を集める場所でした。環境に恵まれた里山は、多様な生物が住み”人と自然が共生する場所”でしたが、農地や薪炭林としての役目を終えた多くの里山が、開発等によって姿を消し、残った里山も荒廃が進んでいます。環境問題が叫ばれる中、私たちのこのボランティア活動は里山を見直し、人と自然が共生するモデルとして再生していくことが目的です。 このテーマに当社の持つ屋上緑化や壁面緑化、ビオトープ作りなど日々業務の中で木を植えて育て、自然を守り住環境を良くするというさまざまなノウハウや環境技術を駆使し取り組むことで、生物や水源が豊富な森林を再び取り戻し、水源地を守るというモデル事業の創造を行います。
森づくり便り

国土交通省中部地方整備局長表彰に輝く

国土交通省中部地方整備局長表彰に輝く
国土交通省中部地方整備局 表彰式

2007年7月17日
弊社が優良工事施工者として国土交通省中部地方整備局長表彰をいただきました。

[ 工 事 名 ] 平成18年度 国営木曽三川公園 江南地区 園路広場整備工事
[ 功績概要 ] 工事の成績が優秀であり、その成果が顕著であった。
[ コメント ] 監理技術者 野村英樹 / 昔から我々の業界では受賞は無理かなと思っていました。
やっと念願がかない夢のようです。
国営木曽三川公園

国営木曽三川公園
UP